セールスの鉄則 クロージング方法

いつも訪ねてくれてありがとう。

とても感謝しています。

会社のお医者さん

ベストコーチの鈴木です。

お客さんが、無理なく自然な形でこの担当者に頼みたい、買いたいと思うようなクロージング法をご存知ですか?

・『私に任せてください!』

・『私と契約してください!』

上記のような、

私を信用して任せてください的なクロージングは、初対面からこの人だったらと思ってもらえるような神応対が必要です。

お客様の質問に的確に応え感心してもらうレベルでないと『コイツ、(自分の事が解っていないと思われ)よく言うわ!』になってしまうので、気を付けてください。

次に、

『この商品は、お客さんのこの問題を解決してくれます』

『この商品は、この点が他と違って優れています。私も愛用していますのでお薦めです』

上の2つはどうでしょう?

商品サービスの価値がお客さんの今のニーズやウォンッに一番ぴったりしています的なクロージングの場合、現状をどうしたいかをしっかりヒアリングしてからでないと墓穴を掘るパターンになり易いです。

同じものでも仮に種類が5つくらいあると、価格だけでなく商品自体の価値を伝えてから、お客さんの用途(使い方)を確認して、これが一番です、と薦められると説得力がありますね!

その場合、私も使っていますと付け加えれば安心材料としてポイントが高くなります。

今回紹介するのは、私の体験談ですが、見積もり後も、要望に近い商品があれば探しておいて、契約(クロージング)の時に、あれからこれ以外にも調べてみたらこれとこれがありましたが、いかがでしょう!と頼まれてもいない事を調べる熱心さをPRできれば最高だと思います。

私のためにそこまでやってくれたんだと感激し、その気持ちを嬉しく思いました。

お願いしようと思って店に行ったのですが、やはりこの担当者にして良かったと思えた瞬間でした。

追伸

この担当者に見積り後に納期を確認するために電話したのですが、私の事を覚えていて適切な回答をしてくれたことが決め手でした。

商品が良くても担当者が良くなければ買いませんが、商品の価値(良さ)も担当者が伝える事を考えれば、やはり、商品選びも最終的には担当者で決まると言う事です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。